本文へスキップ

つばさ会は航空自衛隊の諸行事・諸活動への協力・支援等を行う空自OB組織です。

電話/FAX: 03-6274-8644

〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町9番7号
ZEEKS四谷坂町ビル 3F つばさ会本部

カンボジア見聞録


                            H28.10.09
 新シリーズ
 カンボジア見聞録 23(隣国との国境)

                       カンボジア在住
                       柴田幹雄

☆---------------------------------------------------------------------☆

 1 カンボジアの地形を見て思う(続き)
 現在バッタンバン州で地雷処理をしているが、この辺りはタイ国境にも近く多少の丘陵もある。各種調査でまとめた地雷原表示地図で丘陵のあるところを見て興味深いことを発見した。地雷原の配置からある丘に注目した。仮にその丘に陣地を取ったとすると、それぞれの地雷原に説明がつく。機関銃や迫撃砲の有効射程0.5〜3km位の範囲内で、攻撃側が展開して前進してくるだろう場所、道路交差点や川の渡渉点になりそうなところ、そして自陣地の後ろに回り込まれるのを防ぐ地点と思しき場所などにきっちり地雷原が表記されている。敵が地雷原でおろおろしているところへ機関銃や迫撃砲を撃ち込む。私の推測が正しければだが、こういう基本的な戦術は、国は変われども共通なんだと妙に感心した。もっとも日本は1997年対人地雷禁止条約に調印したので、自衛隊は対人地雷を破棄させられ、持っていない。つまりそういう戦術は使えない。
 タイ国境を超える幹線道路は、5号線で、トンレサップ湖の南西のカルダモン山脈と北のダンレク山地に挟まれた隘路、と言ってもその幅は100km位あるが、その中央のポイペトが国境の町である。その道路はタイ国内で国道33号線となりバンコクに通じている。プノンペンから南東へは国道1号線が走り、メコン川沿いにベトナムのホーチミン市と結ばれており、この1号線と5号線でタイ〜カンボジア〜ベトナムという3か国を結んでいる、いわば国際道路である。ほぼ全区間が平坦地だから道路もまっすぐで、片側1車線だが速い車は時速100km位で走る。荷物満載のトラクターやトゥクトゥク等低速車も多く、対向車もある。そこを追い越しをかけながら走っていくのは結構スリリングではある。国境の町ポイペトについては後程紹介する。


                      つづく

☆---------------------------------------------------------------------☆



              

つばさ会トップページ



柴田幹雄氏


見聞録23
見聞録22

見聞録21
見聞録20
見聞録19
見聞録18
見聞録17
見聞録16
見聞録15

見聞録14
見聞録13
見聞録12
見聞録11
見聞録10
見聞録09
見聞録08
見聞録07
見聞録06

見聞録05
見聞録04
見聞録03
見聞録02
見聞録01