本文へスキップ

つばさ会は航空自衛隊の諸行事・諸活動への協力・支援等を行う空自OB組織です。

電話/FAX: 03-6274-8644

〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町9番7号
ZEEKS四谷坂町ビル 3F つばさ会本部

カンボジア見聞録


                            H28.07.08

 カンボジア見聞録 5

☆---------------------------------------------------------------------☆

カンボジアと韓国との関係
 女性銀行員は黒いタイトスカートに白いブラウスと黒いジャケットで日本の銀行と似たようなファッションで、皆さんスタイルも良くなかなか魅力的である。ただ足元はサンダルである。勿論ビーチサンダルではなく、もうちょっとおしゃれっぽいものだが、そうなると足は素足、おやじ丸出しの表現だと生足である。まあ暑いから当然と言えば当然か。顔はしっかりメイクしているが眉の描きかたなど日本風メイクというよりむしろK-POP風メイクに近いかもしれない。色の浅黒い人もいるが彼女のピンクの口紅はなかなか良かった。トランジットのバンコク空港で見た観光案内にある化粧品関係の広告写真を見るとファッションは完全に韓国風であり、イケメンの見本はK-POP風の男性モデルである。カンボジアも韓国風のメイクが流行しているようだ。韓国と言えば銀行の壁に各国の時間を示す時計が並んでいた。ロンドン、パリ、ニューヨーク、北京はいいとして東京タイムがない。その代りなんとソウルタイムの時計がある。ちょっとびっくり。調べてみるとカンボジアと韓国の関係はかなり歴史的にも深いものがあるし、仁川空港からはプノンペンとシェムリアップに直行便があるが日本はまだない。またビザをもらうのに32ドル大使館に取られたが韓国人はビザなしで来るらしい。カンボジアと韓国の関係は、進出企業もカンボジアへの観光客、滞在者数ともに日本をはるかに凌駕している。ただ貿易額は日本が多く、陸自が最初に出したPKOもカンボジアだった。さらにODAは最高額で、JMASも頑張っているのにカンボジアと日本の関係は韓国に追いついていないようだ。まずはJ-POPのAKB48のプノンペン版PP48を編成し、欧米を席巻している「カワイイファッション」を通じて日本を売り込むのはどうだろうか。外務省の奮闘を期待したい。

 私にとって初めての地であるカンボジアで見聞して驚いたり感心したりすることがたくさんあると思う。これからそんなことを感じたままに書いてみようと思う。

                      つづく

☆---------------------------------------------------------------------☆



              

つばさ会トップページ



柴田幹雄氏


見聞録12
見聞録11
見聞録10
見聞録09
見聞録08
見聞録07
見聞録06
見聞録05
見聞録04
見聞録03
見聞録02
見聞録01