本文へスキップ

つばさ会は航空自衛隊の諸行事・諸活動への協力・支援等を行う空自OB組織です。

電話/FAX: 03-6274-8644

〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町9番7号
ZEEKS四谷坂町ビル 3F つばさ会本部

カンボジア見聞録


                            H28.09.01

 カンボジア見聞録 21(食について)

                       柴田幹雄
                       カンボジア在住

☆---------------------------------------------------------------------☆

プノンペンの日本食レストラン
 平日の昼食は、事務所の横山さんと日本食のレストランに行くことが多い。私が行くところの料理の値段は日本と同等かやや安い感じだ。カンボジア食堂のように昼食2ドルとか2ドル50セントというわけにはいかないが、よくいく店の日替わりランチは5ドル。サバの味噌煮定食など味噌汁、おしんこ、サラダがついてこの値段。こってり旭川ラーメンと餃子そして小カレーのセットが7ドル50セントで全く不満はない。よく行くうどん店でいつも頼むのはカツ煮定食手打ちうどんセットだ。固形燃料の小型コンロの上に載った鉄鍋に大きなトンカツと玉ねぎたっぷりのアツアツ卵がふつふつと煮えながら出てくる。これにご飯と、口に入れると納得の腰のある手打ちうどんが熱いだし汁に浸かって天かす入りでどんぶり一杯の組み合わせ。これで6ドル50セントだから大満足。この店のインテリアは洋風で、プノンペンではよくある高い天井がゆとりを感じさせる。道路に面した側は大きなガラス張りで店内は明るく、置いてある観葉植物も映えて、おしゃれな雰囲気だ。うどん店ではあるがメニューも豊富であるせいか。お客は6〜7割は欧米系の人で占められている。

 昼食で時々行くある居酒屋の従業員はみな美人で愛嬌がある。それを女将に言うと「それは私も考えています。採用面接は必ず私自身でやっています。かわいくて明るい子を入れて、注文をもらうのに必要なだけの日本語しか教えきれないが、とにかく笑顔でと教育しています」とのこと。料理や飲み物のみならず、いろいろと気を配らねばならない。最近は日本企業の進出も多く、日本料理店もここ1〜2年でかなり増えたらしい。日本の大手チェーン店の看板もよく見かける。一方撤退する店もある。プノンペンは老舗の日本料理店もうかうかできない大変な時代になっている。


まだまだあるカンボジアの食の魅力
 まだまだ紹介したいものはいっぱいある。特にスイーツ類や、年中豊富にある果物などがあるがとても手が回らないので、次回以降のお楽しみにしよう。こちらへきて特段おなかをこわすこともなかったから、いろいろな食にチャレンジしてみたい。

                      つづく?

☆---------------------------------------------------------------------☆



              

つばさ会トップページ



柴田幹雄氏


見聞録21
見聞録20
見聞録19
見聞録18
見聞録17
見聞録16
見聞録15

見聞録14
見聞録13
見聞録12
見聞録11
見聞録10
見聞録09
見聞録08
見聞録07
見聞録06

見聞録05
見聞録04
見聞録03
見聞録02
見聞録01