tubasa_kai_kaigi 本文へジャンプ

演題:「航空自衛隊の現在と将来」

         航空幕僚長
                       空 将    井筒 俊司

「全般」
 三木会は10月15日(木)1300~1430、グランドヒル市ケ谷東館3F「瑠璃中東の間」において、航空幕僚長の井筒空将を講師にお迎えして「航空自衛隊の現在と将来」という演題で、講演会を開催しました。














 講師による自己紹介

「細部」
 講演会会場は、前回の会場より二倍程広めであり、ソーシアル・ディスタンスのため、前後左右の間隔を大きくとって配置された座席が用意されました。講演開始5分前には、事前に聴講予約をした100名を超す会員で満席となりました。












 講演会場の様子

講師は自己紹介に続き、以下

 1 我が国の周辺情勢
 2 令和3年概算要求(空自関連)
 3 将来の航空自衛隊(「進化」、「新領域」)
 4 人材育成

について、講話されました。

 講話終了後には、時間の都合で2名の会員からの質問を実施しましたが、講師から適確かつ丁寧な回答がありました。












 講演後の質疑応答

 講演後に片岡会長から講師に対し謝辞が述べられ、盛況のうちに講演会を終了しました。














 片岡会長からの謝辞
 
「その他」
  新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、今回も講演会会場入口は換気のためにドアが開放され、衝立が設置されました。また、受付の横では、空自仕様にデザインされたマスク数種が防衛ホーム新聞社により展示・販売されました。














 講演中の講演会会場入口付近

 今回の三木会の講話の内容は、講師と調整の上、掲載可能な部分について追って掲載する予定です。
 




 □ 三木会では、会員の皆様からのご聴講をお待ち申し上げております。