入間基地納涼祭本文へジャンプ

【市ヶ谷基地美術展、無事、終了】


 市ヶ谷基地美術展が、好評のうちに終了しました。この間の来場者は、約1,500名。

 作品数等は、以下のとおり。
特別出展
 書    3作品  3名
 写真   4作品  2名
 絵    4作品  2名
絵    42作品 20名(隊員等 4作品 2名)
写真   57作品 21名(隊員等 6作品 2名)
書    19作品  8名
陶芸   45作品 16名(隊員等38作品12名)
手工芸  17作品 13名(隊員等 6作品 5名)
能面   27作品 15名(隊員等23作品13名)
模型    1作品  2名
生花    3名(隊員)

 市ヶ谷基地の特性として、陶芸と面打ちが盛んであり、その特徴が作品数にも現れています。

 本日は、会場に書の井上情報本部副部長もお見えになり、全作品を鑑賞されました。
 また、防衛省見学中の大学生も会場を訪れ、時に担当理事から説明を受け、鑑賞していました。









 見学者が増えたのは、やはり、昼食時間。空自に限っていえば、幕、中業隊に加え、空シス隊からも多くの見学者が見えていました。
 聞くと、中業隊司令自ら、空シス隊に見学を勧められたということで、さすが主催者との声が。


 午後は、撤収。
 作品の撤去、梱包、分類整理等、パネルの片付け、清掃と書くと簡単ですが、細かい作業もある中、手際よく撤収作業が進められていきました。


















 最後は、池畠理事がつばさ会担当理事を代表して、山田厚生科長に無事に展示が完了したことについてお礼を述べ、美術展を終了しました。
 中業隊の皆様、有り難うございました。

 次は、9月26日(火)から、十条基地で開催致します。是非、ご覧下さい。